更年期障害

更年期とは、閉経の前後5年間、計10年間を言います。この時期に女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌量が急激に減ってくることによりあらわれる多種多様な症状を更年期症状といい、のぼせ、異常発汗、イライラ、肩こり、疲れやすい、頭痛や腰痛などがあります。異常発汗とは寒い時期でも汗が大量にでてくることで、のぼせなどとあわせてホットフラッシュともいいます。

乳がんの治療では、女性ホルモンの分泌や働きを抑えるので、更年期症状が起きます。そのような経験から更年期障害に向き合うようになりました。

更年期障害は、血液検査では診断できず、下記のような症状とその程度を参考にします。また、甲状腺の病気でも似たような症状(発汗、動悸、疲れやすい、など)が出ることがあるので、甲状腺に関する血液検査も行います。更年期症状があり、日常生活に影響が出ているような場合は、ご相談ください。

関連記事

  1. 更年期障害への漢方薬、プラセンタ注射について

  2. 内覧会の案内

  3. 10月1日の上毛新聞

  4. 冷え症(性)と漢方

  5. 20年後に増えるがん、減るがん

  6. ぐんま経済新聞の取材

PAGE TOP