名古屋大学大学院 乳腺内分泌外科教授 増田慎三 先生

私が埼玉県立がんセンターにいた時に、乳癌学会の班研究でご一緒した「増田慎三先生」が名古屋大学の教授になりました。おめでとうございます。
当時から国際的な臨床研究にも参加され、アクティブな先生でした。当時は大阪医療センターに勤務されていましたが、「長時間座っていることが苦手なので大阪-東京間は飛行機で移動している」とのことでした。素晴らしい先生と一緒に研究できたのをうれしく思います。ちなみに名前は「しんぞう」ではなく、「のりかず」と読むそうです。

関連記事

  1. 10月は乳がん啓発の強化月間(ピンクリボン月間)

  2. 乳がん検診の利益(メリット)

  3. 10月はピンクリボン月間(1)

  4. 高濃度乳房について

  5. 定期的なマンモグラフィで乳がん死亡リスクが低下

  6. 乳がん検診の不利益(デメリット)

PAGE TOP