帯状疱疹の予防接種

 帯状疱疹の発症率は50歳代から上昇し、80歳までに3人に1人が帯状疱疹を経験すると推定されています。4月から帯状疱疹のワクチン接種に助成金が出ることになりました。ワクチンは以下の2種類があります。シングリックスの方が費用は掛かりますが、長期の効果が証明されています。

接種をご希望の方は、電話で予約をお願いします。シングリックスは在庫がある時もありますが、水痘ワクチンは取り寄せになります。

 乾燥弱毒生水痘 ワクチン
(ビケン)
帯状疱疹ワクチン (シングリックス)
接種回数1回、皮下注射2回(2カ月間隔)、筋肉注射
費用(税込)8,250円22,000円×2回(44,000円)
助成金4,000円10,000円×2回(20,000円)
発症予防効果60歳以上で51.3%50歳以上で97.2%
神経痛予防効果66.5%88.8%
長期発症予防効果8年で31.8%10年後で80%以上
副作用注射部位の腫れ、倦怠感、発熱、水痘様発疹(1~5%)注射部位の痛み78%、赤み38%、腫れ26%、筋肉痛40%、疲労39%、頭痛33%、発熱18%、胃腸症状13%

関連記事

  1. 当院の住所検索

  2. 土地探し

  3. 開院初日終了

  4. 建築中

  5. 開業の決意

  6. 2020年を振り返って

PAGE TOP