コロナ対策

コロナウイルス感染は収束の見通しがはっきりしない状況です。当初のような医療機関でのクラスター発生はなく、パーティなど密になり、お話しするような環境での感染が広がっているようです。医療機関は対策をしっかりしているので、決して感染しやすい環境ではないと思います。

当院でも以下のような対策をしています。

  • 赤外線カメラによる体温測定
  • アルコール消毒
  • 土足ではなく、スリッパに履き替えていただく。スリッパは一人が使用したら殺菌
  • 定期的な換気(窓は大きいです)
  • 椅子はすべて1人がけ
  • 予約制

関連記事

  1. 建築中

  2. 名古屋大学大学院 乳腺内分泌外科教授 増田慎三 先生

  3. 建築中-基礎-

  4. 診療開始、前日

  5. 開業の決意

  6. お詫び(11月28日)

PAGE TOP